読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元気の素は、日々のごはん

毎日の元気を支える食の話題をあれこれ

子どもの頃、経済的に恵まれていない男性の方が、死亡リスクは低い?!


東京医科歯科大学は、65歳以上の高齢者を対象に子ども期の生活環境と死亡との関係について解析した結果、男性では子ども期の経済状況が低かった人は、高かった人に比べて死亡リスクが約3割低かったことを発表しました。

 

子ども期の生活環境と疾患や死亡のリスクについての研究は、多くが欧米の中年を対象としたもので高齢になってまでの影響は明らかではありませんでした。今回の研究は、日本の高齢者を対象に子ども期の生活環境と死亡との関連について、男性については7000人規模で3年の追跡調査を行い検証を行っているのは、興味深い結果と思います。

 

調査は2010年に実施した日本老年学的評価研究調査に参加した65歳以上(1945年以前に出生)の高齢者を3年間追跡して分析。子ども期の生活環境の情報がない人や、歩行・入浴・排泄に介助が必要な人を除いた男性7,143人と女性8,306人のデータを用いた。

その結果、男性では子ども期の経済状況が高い人に比べて、低い人の死亡リスクが36%も低いことが分かった。一方で女性は子ども期の経済状況の影響は見られなかった。

その理由として研究チームは、「子ども期の経済状況が低い人は高齢になる前に死亡しており、強い人だけが生き残っている可能性がある」、「子ども期の経済状況が低いほうが、丁稚奉公などにより身体的活動量が多く、肉体的に強くなった可能性がある」、「サルでは示されているように、子ども期の経済状況が低い人はカロリー摂取が抑えられていたことによって寿命が延長している可能性がある」などが考えられる、としている。そのうえで、高齢期の健康を考えるうえで、大人や高齢期になってからの環境だけでなく、子ども期の環境の影響も考慮するのが重要だとしている。

 

調査では女性も行っていますが、この結果は男性について、ですが、高齢期の健康は大人や高齢期になってから取り組めば良いというものではなく、子どもの頃の環境も影響しているのではないかと示唆しています。

 

親として子どもには苦労をかけたくない、豊かな生活をさせたい、という思いは皆あるものです。これは健康とは関係ないお話になりますが、大人になり巣立つようになると、いつまでも親の庇護のもといることはできません。人生や社会には理不尽なことも多くあり、親が守るというよりは、たくましく生き抜く力をつける、そのためのサポートをすることが親の務めなのではないかなぁと、この頃私は考えているところでした。

 

近年子どもでも食生活の欧米化や運動不足から、肥満や生活習慣病が懸念されています。「与えるだけが愛ではない」。一見豊かではない食生活や生活習慣が、実は逞しく健やかに自力で生きる力を育むことにつながっているのかもしれませんね。

 

 

熱中症予防に乳製品と果物がオススメ

このところ、体温超えの日々が続いています。その上、昼間の間に熱のこもったコンクリートは、夜外気が冷えてくると、室内に熱を放出するとかで、エアコンをかけても部屋の温度が中々下がりません。

 

ただでさえ暑くてばて気味ですから、熱中症も心配です。

 

熱中症予防のために、経口補水液やスポーツドリンクを飲む方も多いようです。汗をかきすぎると水分補給に見ずを飲んでもすぐに汗となって出てしまい、喉の渇きが癒せない感覚があります。

 

これは塩分がないから水を体内に止められないのですか。ですから、経口補水液やスポーツドリンクはナトリウムが添加されています。また糖質は腸に速やかに吸収されるために含まれています。

 

しかし熱中症の治療には経口補水液が有効ですが、健康体の人には塩分が強く感じられます。スポーツをして汗をたくさんかいた時には、スポーツドリンクもよいのですが、あまり運動しない人にとっては糖質の多さが気になります。

 

実はタンパク質のアルブミンにも塩分と同様に水分を止める作用があるので、糖質とタンパク質を摂取することも有効だということがわかりました。適度にきつめの運動をして牛乳をのむと、暑さに強い体に鍛えることが有効なようです。

 

またこまめに水分補給をと言っても、中々水が飲みにくいかたは、カロリーの少な目の果物もオススメです。

allabout.co.jp

詳しくは、オールアバウトの記事でまとめていますので、ご参考になさってください。

 

 

 

 

冷たいもものスープで、元気をチャージ

本当に毎日うだるような暑さ。

何もしていなくても、エアコンがなければ、汗でビッショりです。

 

ももが旬となり、ちょっとお安いものも買えた日には、

お料理によく使います。

 

白和えなどの和え物、サラダ、スープにも。

 

つめたすお料理にすると、さわやかなももの風味で、食欲も高まり、元気が出ますよ。ぜひおためしあれ。

 

allabout.co.jp

暑さも本格的に

蒸し暑くなってきました。

集中的に雨が降るかと思えば、じりじりとした厳しい暑さ。

熱中症が心配です。

 

室内でも、あまりエアコンを我慢しすぎるのもいけません。

私の母は、2年前に、エアコンをつけていましたが、熱中症になり、しばらく気づかず耳鳴りが治らないと病院にいって、熱中症と判断されました。

 

母は、エアコンを27度設定にしていましたが、実際の室温は30度ほどになっていたようです。リモコンの設定温度と、実際の室温は異なるので、必ず室内の温度計もチェックしてください。汗をかいても、湿度が高いと、蒸発せず、熱中症になることもあります。マンションなどは、コンクリートに熱がこもり、夜になると室内に熱気が出てくるので室温が上がるそうです。いろいろな面で気をつけなければなりませんね。

 

適度な水分補給も忘れないようになさってください。

お味噌汁は、適度な塩分補給にも良いようです。

たまには冷たいお味噌汁も美味しいく、食欲が湧いていきますよ。

allabout.co.jp

こども食堂はみんなの居場所

日本は、こどもの貧困率が高いことが話題になりましたが、民間レベルの取り組みとして「こども食堂」が全国的に広がっています。

 

私も、幾つかのこども食堂を取材させていただいて感じたことは、「つながり」の大切さと、「こども」や「貧困」という狭い枠ではなく、多様な人が関わることで多様な人が生き生きとしてくる、ということでした。

 

行政は、「こども」「老人」「女性」などと縦割りにしてしまいますし、平等にすることや、リスクを回避することばかりが優先されると、目の前にいるこどもをなかなか救えません。

 

突き詰めると「みんなでご飯を食べる」とおいしいね、元気になるねってことなんだと思います。

 

そんなシンプルなことが、こどもや親や、高齢者を元気にし、地域社会をよくすることにつながるのだと思います。

 

allabout.co.jp

 

 

今年は国際マメ年です!

そうなんです。

毎年、国連食糧農業機関(FAO)が毎年行っている食品キャンペーン。 2016年は「国際マメ年」なのです。

 

マメは、イソフラボンやエクオールなどの魅力的な栄養の宝庫。

人が食べるだけではなく、油となったり、飼料になったり。本当に先人は、多様な使い方を見出し的たと思います。

 

注目の大豆イソフラボン、実は日本人ならではの腸内細菌によって、より強い エストロゲン活性成分に代謝されるのです。

 

ぜひ、毎日の食卓におマメや、マメ加工品を。

詳しくは、こちらをお読みください。

allabout.co.jp

食欲って、ホルモンに影響されている

実は、私も若い頃は、極端に食べないダイエットをしたこともありました。でもひどい冷え性や便秘など、病気とは言えない不調は常にありました。

 

ダイエットや体重管理のために極端に食事を制限する方法は、健康や美容のためにもやはり良いものではありませんし、またリバウンドの原因になることもあるので注意が必要。そもそもなかなか長続きしません。

 

私たちは、例えば、ストレスが溜まると甘いものや美味しい焼肉を食べたくなったり、女性なら生理前に食欲が盛んになったりするものです。私たちの食欲や行動は、脳から分泌されるホルモンに少なからず影響を受けています。(厳密には、神経伝達物質や、ペプチドなど他にも影響する物質はあります)

 

どんなメカニズムで影響されているのかを知っておくと、食欲の暴走をコントロールするのに役に立つかもしれません。詳しくは、オールアバウトの記事でまとめました。

 

allabout.co.jp