読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元気の素は、日々のごはん

毎日の元気を支える食の話題をあれこれ

白黒つけることの違和感

美容院に行ってカットしていただきながら、美容師さんとおしゃべり。

「やっぱり野菜は生で食べるのがいいんですか〜」

認知症に、⚪️⚪️油がいいってテレビで言ってたんで、買おうと思ったら、ネットで売り切れ!」

という話題が次々と。

すかさず彼女にも、食品と薬の違い、表示の見方など、楽しくお話ししました。

 

牛乳がいいのか悪いのか、インフルエンザワクチンがいいのか悪いのか……。

 

わかりやすいタイトルになるので、ひきつけられるのは確かですが、どうも近年「どっちが正しい」みたいなタイトルで取り上げたり、あるいは「なんとかの決定版!」みたいに手っ取り早く「効く」モノゴトを教えてくださいという問い合わせがきたり、なにかと白黒つけたがる傾向があるように感じています。

 

そのことに、私はとても違和感があります。

 

どんなことも人により、またケースバイケースで違うと思うんです。どんな年齢、体質で、またどんな生活環境や習慣なのか、とそれぞれの状況で考えて、より自分にとってベターな方を選ぶってことだと思います。

 

自分には合わないものでも、他の人には有益なこともありますし、またその逆も。

健康によいといわれる食品も食べ過ぎたら毒にもなります。

 

今回の記事では、「調理する」ことのメリットや意味を考えてみました。

allabout.co.jp