読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元気の素は、日々のごはん

毎日の元気を支える食の話題をあれこれ

熱中症予防に乳製品と果物がオススメ

このところ、体温超えの日々が続いています。その上、昼間の間に熱のこもったコンクリートは、夜外気が冷えてくると、室内に熱を放出するとかで、エアコンをかけても部屋の温度が中々下がりません。

 

ただでさえ暑くてばて気味ですから、熱中症も心配です。

 

熱中症予防のために、経口補水液やスポーツドリンクを飲む方も多いようです。汗をかきすぎると水分補給に見ずを飲んでもすぐに汗となって出てしまい、喉の渇きが癒せない感覚があります。

 

これは塩分がないから水を体内に止められないのですか。ですから、経口補水液やスポーツドリンクはナトリウムが添加されています。また糖質は腸に速やかに吸収されるために含まれています。

 

しかし熱中症の治療には経口補水液が有効ですが、健康体の人には塩分が強く感じられます。スポーツをして汗をたくさんかいた時には、スポーツドリンクもよいのですが、あまり運動しない人にとっては糖質の多さが気になります。

 

実はタンパク質のアルブミンにも塩分と同様に水分を止める作用があるので、糖質とタンパク質を摂取することも有効だということがわかりました。適度にきつめの運動をして牛乳をのむと、暑さに強い体に鍛えることが有効なようです。

 

またこまめに水分補給をと言っても、中々水が飲みにくいかたは、カロリーの少な目の果物もオススメです。

allabout.co.jp

詳しくは、オールアバウトの記事でまとめていますので、ご参考になさってください。