読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元気の素は、日々のごはん

毎日の元気を支える食の話題をあれこれ

山菜摘みの季節に向けて、有毒植物にご注意

立春が過ぎ、春にそろりそろりとは向かっているのでしょうが、

まだまだ大変な積雪のニュースが続いています。

 

食の世界では、すでに春を感じさせる食材が出回り始めました。

若ごぼうやフキ、山菜類・・・。

 

このところ、毎年のように、山菜摘みの時期になると、

毒草と間違えての食中毒も起きています。

食品安全委員会のFBでは、フキノトウに似た有毒植物についての注意喚起がアップされていました。

【紹介】フキ(ふきのとう)に似た有毒植物に注意!
本日、農林水産省が、フキ(ふきのとう)が芽生える時期(1月から5月頃)に生えるふきのとうに似た有毒植物の誤食に対する注意喚起を行うため、「野菜・山菜とそれに似た有毒植物」のリーフレットを更新し、公表しました。
農林水産省「野菜・山菜とそれに似た有毒植物」
http://www.maff.go.jp/j/syou…/nouan/rinsanbutsu/leaflet.html
毎年、毒素を持つ野草を誤って食べたことによる食中毒が全国各地で発生しています。
食べられる野草かそうでないかは、素人では見分けることが難しいものが多いので、食用と確実に判断できないものは、採らない、食べない、人にあげないよう、十分注意してください!!

 

私も過去の記事で、山菜摘みや野菜と間違えやすい植物や、野菜に含まれる毒性について記事を書いています。詳しく読みたい方は、こちらのリンクへ。

allabout.co.jp

 

 

自分で山菜を摘むのは、私も経験があり、とても楽しいものですが、十二分に知識のある先生方とともに学び、確認しながら行っています。

皆様も、お気をつけてお楽しみください。

松の内も姉妹に近づくと、そろそろ素食がいいですね。

関東では、1月11日、関西では15日が鏡割り。15日で松の内もおしまいです。新年会でご馳走を食べる機会も続いていたのではないでしょうか。そろそろ素食がお腹にも優しい時期です。

 

鏡割りをして、あられにしたり、おぜんざいを作られる方もおられるかもしれませんが、おぜんざいに使うあずきには、昔からむくみをとると言われ、また食物繊維も多いのて便秘予防にも役立ちます。

 

お正月に宴会続きで、お酒を飲む機会も多く、お酒のアテになるちょっと塩気のあるご馳走を食べ続けて、むくみが気になるなぁ、という時、暴飲暴食でトイレのリズムが乱れたという時には、あずきを食べるのも良いかもしれません。

 

おぜんざいなど甘い食べ方は砂糖もたくさん使うので、あずきを炒ったあずき茶などもおすすめです。

 

小豆に含まれる栄養素や成分については、オールアバウトの記事をご参考になさってください。

 

もちろん小豆ばかり食べたり、偏った食べ方はしないでくださいね。健康の基本はバランスのとれた食事や運動が大切です。

allabout.co.jp

今年の冬至は、12月21日です。

 

冬至には、かぼちゃや小豆、ゆず風呂がつきものですが、

意外に栄養面から考えても、理にかなっています。

オールアバウトで過去に記事としてまとめていますので、よろしければお読みください。

 

allabout.co.jp

 

ゆずは、美味しくて、香りも良いので、皮も果汁も使い切って捨てるところがありません。十二分に活用したいものです。

旬の食べ物を活用した健康づくりの知恵、ぜひご活用ください。

allabout.co.jp

お餅を安全に食べましょう

少し前に、おにぎりを喉に詰めてなくなるという事故がありました。食品とはいえ、命に関わるということ、リスク=ゼロには決してできないものであることを、私たちはついつい忘れがちですね。

f:id:healthyfoods:20141226144354j:plain

間も無く思念を迎え、いろいろと準備も忙しくなりますが、お餅も喉につかえたり、窒息事故の多い食べ物です。

 

高齢者はなぜ喉に詰めてしまいがちなのか、小さな子どもさんも注意が必要です。過去の記事ですが、その対処法などもご紹介しています。ぜひ今一度お読みいただければ幸いです。

allabout.co.jp

 

 

 

銀杏の食べ過ぎにはご注意を

二十四節気では「小雪

雪が降り始める頃。

七十二候では、「朔風払葉」。

そろそろ紅葉も終わり、落ち葉が吹き寄せ吹き寄せ。

 

銀杏も美味しい季節です。

お料理教室などをしても、銀杏を食べ過ぎないようにというお話をすると、意外にご存じない方がいらっしゃいます。

 

塩煎りすると、お酒のおつまみにも美味しくて、止まらないのですが、お気をつけてくださいね。

 

allabout.co.jp

消費者庁 トクホの含有量について調査を依頼

ある企業のトクホ、実は許可された際の関与成分が規定量含まれていなかったということが判明し、消費者庁に届け出たところ、トクホ取り消しとなりました。


このケースを受けて、公益財団法人日本健康・栄養食品協会に対して、トクホの認可を受けている企業に調査と、自主的な品質管理の徹底を行うように依頼したというお話。

 

http://www.caa.go.jp/foods/pdf/syokuhin1565.pdf


真摯にものづくりされている企業さんももちろんあるのですが、これまでも国立健康・栄養研究所の健康食品について、その含有量のところでは、

実際に、成分 名表示はあっても含有量表示のない製品を分析したところ、その成分が検出されなかった(入ってい なかった)という報告があります。

 

 

と記載されています。

https://hfnet.nih.go.jp/usr/kiso/pamphlet/ippann.pdf

このように、含有量、また有効性などの信頼度が、薬と比べると、健康食品は劣るということなのだと思います。

 

薬ほどの効果があり、科学的な裏付けがあれば、医薬品になるわけですから。

 

トクホは、薬ほどではないにしろ、いわゆる健康食品と比べて製品ごとに関与成分の有効性や安全性の裏付けをとっているにもかかわらず、今回のようにその成分が規定量入っていなければ、有効ではなかったということになります。

 

これは、あくまで一つの企業の一つの製品についてのケースで、すべてのトクホがそうだとはいえません。しかし、一度認可を受ければあとの管理は・・・、というルーズさが製造側にあるかもしれないという不信が、消費者としては湧いてしまいます。

 

トクホでさえそうなら、企業の自主判断で表示できる「機能性表示食品」は、どうなんだろう・・・・。

 

私は、機能性表示食品が導入される前から、ずっと説明会に参加し、消費者長の方にも質問などしてきました。事業者の自主判断で表示できるとして、その取り締まりなどはどうするのか? と毎回聞いたところ、 「市場に出たものを買取調査していく予算は取っています」とのことでした。

 

今回の場合は、企業からの報告でわかったわけで、報告がなければまだまだ市場に出回っていたのでしょう。消費者庁は有言実行してほしいものです。

 

あくまで食品ですから、薬ほどの効果や裏付けはない。それを十分理解して買っているならともかく、薬との違い、トクホや機能性表示食品、健康食品の違いをどこまで消費者は理解して使っているでしょう。過大な期待をして高いお買い物になっていなければ良いのですが・・・。

 

 

涼しくても、食中毒のリスクは色々 ご注意を

毎年のこの時期になると、きのこの食中毒注意喚起されます。山ガールなど、トレッキングなどブームになっていますので、そのついでに山菜やキノコ最終も楽しむ人が増えています。

 

山菜やきのこなどは、自分で採取する方もおられますが、食べられるものと食べられないものの見分けが、山菜以上に難しいと言われています。またきのこの場合、食中毒の発生場所は、ほとんどが家庭なのです。

 

食品安全委員会から詳しく出ていますので、ぜひきのこ最終にご興味がある方は、お読みください。

 

毒キノコによる食中毒にご注意ください | 食品安全委員会 - 食の安全、を科学する

 

 

また一般でよく知られている魚などにも寄生虫による食中毒もあります。こちらもご関心のある方は、ぜひオールアバウトのと記事をご覧ください。

 

allabout.co.jp