読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元気の素は、日々のごはん

毎日の元気を支える食の話題をあれこれ

現状の「見える化」で、食事バランスを前向きに改善

f:id:healthyfoods:20160515212312j:plain

 

日本栄養・食糧学会の市民公開講座に参加。


テーマは、日本人が摂りすぎ傾向の塩分を、どれだけ取っているかを「見える化」すると、食事の見直しも前向きになる、という取り組み事例。


見える化」する具体的な手法として、武庫川女子大学 国際健康開発研究所が展開している24時間採尿で「ナトリウム/カリウム比率」を分析・評価するプログラムが紹介されました。

 

ナトリウム/カリウム比率は、塩分摂取量と野菜や果物などからのカリウム摂取量の関係を示し、数値が低いほど、食生活のバランスが良いことを示します。

 

私も、昨年度同大学研究所の「食育先生プロジェクト」に参加し、24時間採尿をして、ナトリウム/カリウム比を見てもらいました。私は、薄味を心がけているつもりでも、自分が想像していた以上塩分を摂取していてびっくり。野菜などからのカリウムはしっかり摂れてい他のは幸いでした。

 

簡易なナト/カリ計も出ているのですが、まだまだお値段が高いそうです。血圧計くらいに普及すると、ググッと塩分見える化で、減塩に前向きになれるかも・・・。

機能性表示食品を判断する目安に

以前から解説していました機能性表示食品。

 

allabout.co.jp

 

機能性表示食品は、事業者が申請すれば機能性を表現できますが、その有効性・安全性については、トクホのように国が審査したものではありません。

 

臨床試験をするか(とても時間と費用がかかります)、査読付き論文を示して、科学的根拠があるのだという裏付けが必要とされています。ただし、その裏付けとなる論文は少ないケースがほとんどです。

 

またその科学的な裏付けが、信頼に値するのかどうか、という審査は誰もしていない、ということが大きな問題。消費者庁は、一般向けに事業者が届け出資料を公開しているから、私たち消費者に責任を持って選びなさいと、というのが今回の新たな機能性表示食品の制度なのです。

 

もちろん制度は、当たられるだけでなく、利用する私達が責任を持つ部分はありますが、そのレベルに達するまでの判断力をつけるだけの啓蒙活動、教育をしてきたのかというと、否だと思います。まだまだトクホとの違いもわからない人がほとんどです。

 

消費者にわかりやすく、また事業者とを取り持つことを目的とする「ASCON」のサイトでは、「ASCON」の科学者委員会が評価し、企業との対話も公開しています。

ascon | 一般社団法人 消費者市民社会をつくる会


委員会の全体のまとめとを読んで気になったのは、「消費者庁が届出を受理したことは、消費者庁が届出の内容の正当性を認めたことだという間違った主張もあった。」という点は、消費者のみならず、(わずかとはいえ)事業者もまだ理解されていないこともある、ということ。


利用してみたい、という方は、イメージだけで選ぶのではなく、参考として消費者庁の製品届け出データベースの一般向け資料だけでなく、こちらも一度チェックして判断材料の一つとされてはいかがでしょうか。

 

 

食事バランスガイドって、実はすごいのかも。

「みなさんは、「食事バランスガイド」ってご存知ですか? 名前だけは聞いたことがあるという方も多いかもしれません。

 

厚生労働省農林水産省が策定した、バランス良く食べるためには、いちにちに何をどれだけ食べれば良いのかを、視覚的に示したものです。

 

一時期はスーパーやコンビニでもポスターなどを貼って、PRしていたのですが、いまいち私たち生活者に定着していない、いや、特に食事にはチョット気をつけた方が良いのでは?、と感じられるような人には伝わりきれていないようも思います。

 

15年にわたり、大規模追跡調査した結果、脂肪リスクを下げたり、脳血管疾患や循環器疾患のリスクも下げるという分析結果が出たのです。

 

これは、「食事バランスバランスガイド」に関心がありますという人を対象にした調査ではなく、2回にわたり全国で食事内容を調査して、循環器疾患などになっていない人などふるいにかけた上で15年追跡。そしてどんな食事をしていたかを分析して、食事バランスガイドに沿っているかどうかをスコア化した結果です。

 

この調査は、コホート研究という信頼度の高い情報です。食事バランスを考えることは一見大変なようですが、私は和食の献立を目安にしています。慣れてしまえば、とても簡単。実は、お金もかからず、誰でもすぐにできる健康食だと思います。

 

健康のためにどんな食べ方が良いのかなぁ、とチョットでも思っている方は、ぜひ食事バランスガイドを見直してみてください。

 

allabout.co.jp

 

「清澄の里 粟」伝統野菜の復興から地域と人を健やかに

 

旅をして、どこに行っても、同じコンビニ、同じカフェがあると、便利ではあるけれど、なんとなくつまらない。全国どこものっぺりと同じ顔。

 

贅沢ではなくても、その土地ならではのものが楽しめたらいいのになって、ことをよく感じます。

 

奈良市の中山間地地域にある「清澄の里 粟」。お世辞にも交通の便が良いとは言えないところなのですが、全国からお客様がやってくる農家レストラン。2012年のミシュランでも1つ星をゲットしています。

 

1つのコースで、58種類もの大和伝統野菜を楽しむことができるお料理。でも魅力は美味しいお料理だけではありません。

 

オーナーのご夫妻は、福祉現場で働いて来られた経験から、人々が人生を充実させるためには、どんな暮らし方があるのかを探求してきました。

 

そしてその地域の伝統野菜を復興することにより、地域や農業の活性化、そこに暮らす人々も生き生き生かされるのでは、と考え、伝統野菜を核に文化や農業のあり方、地方創生の知恵を発信する拠点にしています。

 

全国でもさきがけのモデルケースとして注目される「清澄の里 粟」さん。

詳しくは、ぜひオールアバウトの記事をお読みください。

allabout.co.jp

 

 

 

 

 

日本食の健康効果を科学的に評価する試み

以前、取材させていただいた大阪の産官学で取り組む「抗疲労食」プロジェクト。

allabout.co.jp

 

大阪は、「抗疲労」については世界でも先進的な取り組みをしています。さらに京都大学や日本食アカデミーとタッグを組んで、日本食の健康への効果を科学的に評価する試みが展開されています。

 

News | 大阪市立大学 健康科学イノベーションセンター


私が、洋の東西をとわず、様々な健康食をぐるぐる見まわしてきて思うことは、一つの情報を盲目的にではなく、いろいろな面から見ることが大切だと思います。

 

栄養バランスのとりやすいことなどで健康的というイメージが強い日本食ですが、先人の食の知恵が、健康に役立つということが、経験的にというだけでなく、科学的にも裏付けがあるかどうかを検証してみることも、振り回されず自分で判断する一つの目安になると思います。

 

 

 

誰もが、自分のこととして備えたい

熊本県を中心とした九州地方の地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。また被害に遭われた皆様には、お見舞い申し上げます。

 

このような大きな震災が起こるたび、阪神淡路大震災を思い起こします。ほんの数秒の揺れが、長く長く終わることのないように感じられました。ライフラインが寸断された不安は大きく、また子供が小さかったため、安全な実家に身を寄せましたが、数ヶ月経ってから夜中になると目が冴えて足がガタガタ震えて、眠れないようになった経験もあります。

 

余震が続き、またその後の生活についても、災害地の皆さんはご不安でしょうし、ご家族やご親戚、お知り合いがおられる方々もご心配が尽きないと思います。今は、被害が大きくならないことをただただ祈るしかできません。

 

地震だけに限らず様々な災害には、万全ということはありません。いくら備えても、状況によっては活用できないこともありますが、何かしらできることは備えておきましょう。

 

災害時の食と健康について記事を書いております。改めて読んでみていただければと思います。

allabout.co.jp

 

allabout.co.jp

 

allabout.co.jp

 

日本人の腸内細菌叢は、平均寿命や低い肥満率に関連かも

webニュースで見ていてふと目に止まり、早稲田大学のサイトで確認しました。

 

早稲田大学理工学術院先進理工学研究科(服部正平教授)と、東京大学大学院新領域創成科学研究科の(西嶋傑博士課程学生ら)を中心とする共同研究グループは、106名の日本人を含めた12カ国のヒト腸内細菌叢データの比較解析を行い、腸内細菌叢の菌種組成が国ごとで大きく異なることや日本人の腸内細菌叢の特徴を明らかにしました。

日本人データと欧・米・中国等の外国11カ国データとの比較解析から、日本人腸内細菌叢は、

ビフィズス菌やブラウチア等が優勢し、古細菌が少ない、

②炭水化物やアミノ酸代謝の機能が豊富である一方で、細胞運動性や複製・修復機能が少ない、

③他の11カ国ではおもにメタン生成に消費される水素が日本人ではおもに酢酸生成に消費される等の違いや特徴が明らかとなった

④海苔やワカメ(の多糖類)を分解する酵素遺伝子が、約90%の日本人に保有されるのに対して、他の11カ国では〜15%となり、本酵素が日本人集団に特徴的に広く分布している。

 

そして、以上のような日本人腸内細菌叢の特徴には、生体に有益な機能が外国よりも多く含まれ、その総合的な有益性は日本人の世界一の平均寿命や低い肥満率等と関連することが示唆されました。(本研究成果は、科学雑誌『DNA Research』(3月6日online版)に掲載されました。)

 

詳しい内容は、

健康な日本人の腸内細菌叢の特徴解明、約500万の遺伝子を発見 平均寿命の高さや低肥満率等との関連も示唆 – 早稲田大学

を御覧ください。

 

ガイドは、ここにある海苔などのか移送を消化する酵素が日本人に多いこと、また大豆のイソフラボンから代謝されたエクオールを分解する酵素が多いことも取り上げました。詳しくは下のリンクからお読みください。

 

allabout.co.jp

 

最近は、健康のために、「何を食べるか」とか、「魔法のような効き目のある食べ物」などを求めすぎる傾向があると思うのですが、口に入れても、足し算のように効果があるとは限らない。摂取した後、消化・吸収・代謝などはどうなっているのか、ということも大切だということですね。

 

このように長い食習慣によって、国や民族が異なれば腸内細菌叢も異なるとなると、海外の人にとっては良い食べ方でも、日本人にとってはわからない。またその逆もあり得るのでしょう。

 

例えば、長年にわたりカロリーの約半分をご飯などの炭水化物で摂取を食べていたとはいえ、極端に炭水化物をとらなくなると、日本人ならではのメリットの多い腸内細菌叢も変化していくこともあるのでしょうね。

 

腸内環境の事は、心身の健康について幅広くかかわっていることが明らかになりつつあるので、今後ますます注目したい研究です。